行政書士とは

*

行政書士とは

代書屋さんとも言われる行政書士は、その言葉の通り行政を司る官公庁へ提出する書類の作成代行や、
契約書などの書類を作成し効力の高い契約を成立するサポートなどを行ないます。

法律の専門家として、行政書士法の定める範囲内で法律的な相談にも応じます。

仕事は多岐にわたるため、企業内でも配置する動きがみられ、
従業員がスキルアップのために資格を取得するケースも目立っています。

恒久的に活用できる資格であることから、人気が高く通信教育でも受講者の多い科目です。


通信教育を受ける場合、行政書士についての基礎的な知識を学びます。

どんな資格なのかといったことも学習するため、
前もってある程度の知識を取り入れておくと、学習の際に役に立ちます。

前述の通り書類の作成代行を行なうのが主な務めです。

法的な効力を持つ書類を作成するには、法律的な知識が必要になります。

特に官公庁に提出する書類や事実証明書などの作成の際には、
素人が作成すると不備などが多く起こることから専門家に依頼する場合が多いのが実情です。


不備を無くし、効力の高い書類を作成するために、法律の専門家としての
行政書士の役割は高く評価されています。

近年外国人労働者が増加していますが、
外国人登録などの諸手続きについても行政書士が代行できます。

長期的に日本国内で働くことのできる登録を行なうためには、専門的な知識が必要です。


税務に関する書類の作成も行ないます。
ですから行政書士は単なる代書屋ではありません。

Next >>行政書士の受験資格