行政書士に必要な学歴

*

行政書士に必要な学歴

行政書士は法律の専門家というイメージがあり、弁護士や司法書士と並んで高い学歴が必要だと思っている人も少なくありません。

もちろん大学の法学部出身などの人が資格の一つとして取得するケースも往々にして見られますが、
受験資格に学歴が問われることはありません。


通信教育課程でも、資格ごとに必要な学歴があり、
それを満たしているかどうかを尋ねられることがあります。
この資格については、国籍、年齢、学歴が問われないため、頑張れば誰でも取ることのできる資格といえます。


大卒だから有利ということはなく、極端な話として中学生でも受験することができます。

ですから何らかの理由で高校や大学を中退してしまった人でも、
中卒もしくは高卒資格で受験できる資格です。

注意点としては、資格を生かして働くためには行政書士名簿に登録しなければならないことです。

名簿には未成年の登録ができません。
仮に中学生や高校生で試験に合格した場合には、成人するまで待つ必要があります。


だれでも受験できる資格試験ですが、
通信教育などの学習過程を選択する人が多い理由は、
法律的な様々な知識が必要になるからです。


法律は国会が開催されるごとに改定されたり新たに加えられたりします。
そのため新たに法律的な知識を蓄えていく必要があるだけでなく、
解釈の難しい法律的な内容の分析力も必要になります。


学歴や年齢は不問だからただ受けてみようと思っても通過できる試験ではありません。
通信教育で学習することには大きな意義があります。